FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
自転車は何処を
歩道を走る自転車

自転車は歩道を走っていはいけないとという道交法が徹底される状況です。
ご存じですよね、歩道では自転車は基本として歩行者優先で、降りて押して通行することが義務づけられていることを。
http://cycle-info.bpaj.or.jp/japanese/houritu_info/doukouhou.htm


自転車は「車両」です。「原則として車道を走る」「歩道は歩行者優先」といった原則ことが原則ですが、これまでそのことを理解している人はとても少なかったのが現状です。

先だって、出勤前に愚息が通う小学校から次男が通学途中に自転車と接触して怪我をしたと自宅に電話がありました。
ほんの少し前に送り出したばかりで、慌てて現場に行くと、既に警察官がいて事故の事情を説明してくれました。
次男は加害者の自転車のハンドルが口に当たり歯茎から出血した様です。
幅が1mほどの歩道ですれ違いざまに接触したようです。
加害者の相手は怪我をさせたことは謝罪しましたがあ、歩道を走行していたことについて誤っていた認識はなく、自己の正当性を主張していました。
私も警察官も道交法について説明しましたが、次から次へその歩道を走ってくる人を目の前に説得力を欠いていました。
幸いにも次男の怪我は軽傷で済んだので、この事故についてはこちらが荒立てることもなく終わりました。

歩道を走る自転車

画像は船橋駅近くの歩道です。
歩道は2mほどの幅がありますが、歩行者も多く、その間をぬって自転車が通り抜ける光景です。
先日たまた
まこの歩道を歩いていると、少し前を歩く初老のご婦人が、前方から走ってくる自転車の女性に「危ないから降りなさい!」注意しているのを見かけました。

自転車は車両でる限り車道を左側通行するのが道交法の決まりです。
しかしながら、日本の現状ではすべてその通りにはいきません。
ケースバイケースの運用が必要だと思います。
そだけに歩道上では、歩行者を優先し、優しい走行運転を心がけて欲しいと思います。


歩道を走る自転車


by takezo! http://www.atelier24.jp

千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
「自転車は車両である」という意識がないと交通ルール無視が大量発生してしまってとっても危険ですよね。飲酒・携帯・音楽プレーヤ・信号無視・無灯火・車道右側通行。
無灯火&右側通行のチャリと勝負してコケて9針縫ったのはワタシです。
2011/11/16(水) 12:26:11 | URL | わに #-[ 編集]
Re: タイトルなし
わに様

自転車が車両であることを知らない人が多すぎますよね!
そして車両であるから危険をともなう乗り物だと認識している人がどれだけいるか…。
究極なエコCARとして注目されたのはいいですが、家庭や学校でもルールをしっかり教えて欲しいですね。
それにしても大変な勝負をしましたね。
後輩に電柱と勝負して全治3か月という強者がいましたが…(>_<)


2011/11/16(水) 19:10:10 | URL | takezo! #-[ 編集]
まずは自転車専用レーンが必要不可欠でしょうね。自転車が安全安心して走行できる環境の整備は、歩行者保護にもつながりますし。

意外な話ですが、歩道での加害死亡事故は自転車より圧倒的に自動車のほうが多いのです。
http://d.hatena.ne.jp/delalte/20111021/1319158025

そのような自動車とともに自転車を車道に走らせるというのは、自転車の立場になってみれば理解できるでしょうが、暴挙そのものと言えるでしょう。速度超過や極めて危険なスレスレ追い抜き、幅寄せが当たり前になっている自動車、路上駐車違法駐車、方向指示器についても直前になって出すという危険運転が蔓延している状況にあります。「あんなモンスターと一緒のエリアを自転車で走るなんてとんでもない!」という気持ちが大多数であり、もっともなことです。日本ほど自転車のことを考えていない行政がなされている先進国は他にありません。ドイツやデンマーク、フランス、イギリス、アメリカ・ニューヨーク他多数、世界に目を向けて見れば自転車専用レーンや専用道が当たり前にあるということに驚愕するはずです。日本には、その当たり前のものが、無いのですから。すべて市民は歩行者自転車自動車同士ケンカせず、道路行政に矛先を向けるべきです。そうしなければ本当の解決には程遠いことは容易に想像できますしね。
参考までに、ヨーロッパと日本の比較です。お手本にすべき箇所が多数あるでしょう。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/hirotakz/bike/ab_gmbike3.html
http://zuccha.blogspot.com/2011/11/blog-post.html

行政も、歩道に『自転車は押して』などと描く暇があれば、自転車専用レーンや専用道を整備し、路上駐車や違法駐車を徹底的に取り締まり撲滅すればよいのです。実際、重大事故の元凶ともなっており、路上駐車ドライバーには重大な過失が認められてもいます、それほどのことなのですから。
2011/11/18(金) 19:29:41 | URL | 佐藤 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
佐藤さま
コメント有り難うございます。
またご意見ごもっともです。

私も35年も前からスポーツ車(ランドナーやロード等)に乗っています。
今でも車の多い車道を走るのはとても緊張します。

欧州のサイクルロードの充実ぶりは羨ましいですね。
都会で自転車に乗る環境が比較にならないくらい素晴らしいですし…。

しかしながら、日本でそんな間単にそれも短期間で整備できるとは思えません。

まずは自転車が道交法軽車両だと言うことを知ってもらうことが大切だと思うのです。
自転車を乗る人はもちろん、車のドライバーもです。
車のドライバーも知らない人が多すぎるから、車道の左端を走っている自転車を迷惑そうに追い抜き、幅寄せしたり、罵声を浴びせたりするのではないでしょうか。
もちろん、自転車側にもルール無視が多すぎますね。右側走行、無灯火、飲酒、二人乗り、二列走行、携帯操作や整備不良など例を挙げればきりがありません。

全ての自転車が車道を走れと言うのはあまりにも乱暴だと私も思います。
それでも、歩道を走る以上は徐行と歩行者優先というルールを守るべきだし、そのルールの周知徹底をすべきだと思います。

また、ロードバイクのようなスピードで走行するのなら車道を走ることを原則とするなどの規制が必要ではないでしょうか。免許制や登録制、保険加入の義務化なども検討すべきだと考えます。

もちろん佐藤さまがおっしゃる通り、路上駐車の取り締まり強化が必要でしょうし、専用レーンの整備も早急に進めて欲しいと思います。
2011/11/21(月) 22:58:14 | URL | takezo! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック