FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
有明客船ターミナル
ariake01.jpg

先日、車で出掛ける所用が都内にあり、その帰途にレインボーブリッジを渡り、何年ぶりかで有明客船ターミナルを見に臨海副都心に寄った。
 巨大なビックサイトの前に、設計の意図通り(?汗)目の上のたんこぶの様にたたずみ、竣工当時と変わらない姿に安堵した。
多少無粋な看板らしきものが張り付いたが、まぁ良しとしよう…(笑)

この水上バスの旅客ターミナルは、私が前事務所に勤めていたときの担当物件であり、一番時間と手間が掛かった思い出の詰まった建築である。多くの人と係わり、協働し4年あまり掛って完成実現にこぎ着けた。

始めてこの敷地を見に行ったのはたしか1992年だった。国際展示場(現ビックサイト)も工事前で、道路も当然無く、日の出桟橋から東京都港湾局所有の小型船で東京湾を行き、護岸に無理矢理横付けしてもらい上陸(?)した記憶がある。それから調査・基本設計がスタートし、その間バブル経済崩壊による臨海副都心の計画縮小や「都市博覧会」の中止などによって事業計画の見直しなどもあった。

東京都関係部署、港湾関係部署、警察、消防はもちろんのこと、あの地域は地下に巨大な共同溝があり、建設・管理事業者や電気・下水道・ガス・通信などのインフラ事業者などの打合せもあった。おまけにゴミ収集は大きな気送管にて清掃工場に直接吸い込まれ方式であったので、清掃局にも何度も協議に行った。
工事も護岸間際であることや、当時は四方が前途の共同溝や建築物の工事最中で、工事資材や工事車両の搬入にも苦労する有様。それでもゼネコンを始め各専門業者にも大変協力いただいた。

その中でもタイル工事はよく記憶に残っている。外装に使っているタイルはいぶし銀のように焼斑(むら)がでる特注タイル(227×60×12)で、工事が始まって間もない時期から色々と探したがイメージ合うものがなかった。
縁があって、佐賀県の岩尾磁器という有田焼の窯元のタイル工場に依頼したが、この工場には設計の意図を良く理解いただき、色合いや耐久性などを考慮の上で試作品を何度なく焼き直してもらった。最終確認は幅2m×高さ3mの合板に仮張した現物を有田の工場までこの目で確かめに行って決定した。タイル工場と設計者の想いが素晴らしいタイルを生み出し、そのお陰で今でも陽の当たり方によって微妙な色合いを見せるのである。(ちょっと手前味噌ではある…苦笑)

ariake02.jpg


最近の日本は経済上の理由から、古い建築から新しい建築に至るまで、安穏と存在できない状況にある。
昨年末にも黒川記章さんの六本木プリンスホテルや菊竹清訓さんのソフィテル東京ホテルの廃業・売却が発表された。ソフィテル東京は解体取り壊しも決まっていて12年という短命になる。建築界の巨匠のそれも有名な物件であるにも係わらず、残念な結果になるようだ。 http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20061228/503983/
日比谷の三信ビルももちろんのことだが、このような文化的な価値がある建築物を、経済的な理由だけで取り壊してしまう社会には、まだまだ成熟した欧州の国々には追いつけないであろう。

私が設計監理の担当した小さな物件など、両巨匠の有名建築や三信ビルと比較できるものではないが、設計という生みの親として、可能なかぎり有明のあの場所に存在し続けて欲しいと切に願う。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
有明客船ターミナル
客船ターミナルという所で、人々の思い出となる場所を造られるって素晴らしいですね。
タイル一枚々に思いを寄せてこだわられた結果は満足のいくものに仕上がり良かったですね。温かい感じがするような気がします。
夕陽がきれいに当たったお写真だと思いましたら、一番きれに映し出される時を狙ってカメラに収められたのでしょうか。愛着ですね。
ありがとうございました。
2007/02/02(金) 00:22:30 | URL | chiko #-[ 編集]
とっても嬉しいメッセージ♪
chikoさん、いつも有り難うございます。
おっしゃる通り、1時間ほど掛けました…笑

蛇足ですが、港湾局の所有物ですが、何時からか撮影には許可が必要になったみたいです。それも一時間あたり1,560円…(T_T)
ドラマなどの撮影に使われたからだと思いますが正直驚きです。
http://www.tptc.or.jp/terminal/ariake_aomi/index.html
2007/02/02(金) 20:58:16 | URL | takezo! #-[ 編集]
えーー!!
撮影に許可がいるんですか??
本気で驚いてしまいました。

画像の乱用は困るのでしょうが・・
ん~世間はそうなっていたか・・って

これは、貴重です!




2007/02/03(土) 10:17:43 | URL | chiko #-[ 編集]
管理者のご都合でしょう…
ロケーションも良いので、TVだけでなく雑誌やモデルの撮影会などで、別目的の利用する団体が増えたのでしょう…そこで、管理者(お役人様)が事故やトラブルがあったとき、都に管理責任が生じないように…(^^; 何だかしらける…
2007/02/03(土) 12:33:35 | URL | takezo! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック