FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
その類のSCはもう要らない
先週、所用で木更津に出掛けました。
夏休みなので館山道路は普段よりは交通量が多かったのですが、どこぞの知事がアクアライン通行量を800円にした影響は、海ほたるだけが大賑わいで館山道にはあまり影響が無いように感じました…(笑

090818_1.jpg

久しぶりに、国道16号線ではなく、市の内陸側を抜ける道を通りました。
この地域には、長い間販売が進まない大規模な宅地分譲地が広がります。 幹線道路の両側は閑散とし、小さな店舗や家がぽつりぽつりと点在する状況は数年前とほとんど変わらないように見えます。

そんな草ぼうぼうの宅地を眺めながらこの道路を行くと、突如ショッピングセンターの工事現場が現れました。
咄嗟にまたかと、溜息がでました。
キーテナントは、大手スーパーマーケットと家電量販店、カジュアル衣料店などで、どこにでもある新鮮味の無い構成…もう食傷気味ですね!
どこのショッピングセンターも同じ様なパステル調の色合いだけが全面に出でたチープで薄っぺらなデザイン…これもウンザリです。

090818_2.jpg

事務所に戻った後にネット検索すると、「近隣足元商圏型とカテゴリーのミックスタイプ」??… のショッピングセンターと記述がありました。
どうも、「自動車で15分程度の距離圏に、人口10万人程度の都市がある場所。大都市圏の周辺、または複数の中小都市が連続的に点在する場所」と言うことらしいです。

しかし、このエリアである木更津、君津、富津の三市の人口は合計で26万人くらいです。
もちろん先にできたシッピングセンターもすぐ近くに2店舗あります。 JR駅前の商店街は、大手百貨店の閉店から衰退の一途です。
その分だけ駅から離れた場所にスーパーマーケットや量販店、ホームセンターなどが大量に進出しました。この付近にも多数あります。
この新しいショッピングセンターが誕生することによって、更にお客の獲得競争が始まるのでしょう。そして大手資本のテナントは、儲からなければ非情でも直ぐに撤退するのでしょう。

090818_3.jpg

結局のところ、その地域にとって一時的に便利になる反面、実は地域社会や個別事情、住環境が壊されていく厳しい現実があるのです。
駅前などの既存の商店街はますます寂れ、撤退した大型店舗は空いたままこの先朽ちていくのを見守るだけ…
車を持たない世帯、特にお年寄りの世帯では、日々の買い物もできなくなるのです。

今更「大店舗法規制法」を復活せよとは言いませんが、このままいつまでも開発を許して良いはずがありません。
宅地造成も含めて考え直す時期がとうに来ています。
この先これまでのような右肩上がりの経済発展は望めないし、人口減少に伴い消費が縮小するのですから。



ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
同感!!
全く同感です

大手スーパーが出ると
地元の昔ながらの商店は衰退します
その後、売り上げが上がらないと
勝手に撤退して、そこには不便な街が残るだけ
古い店も情緒も消えていく。。
というイメージがあります

先日、妻の実家の三陸沿いの街に行ってきました
このての大手スーパーは皆無です
コンビニもローソン一つ
その他はスーパーと個人のみせです
家内が子供の頃からある電気屋さんや商店が
昔の看板のまま営業していました

この街がずっとこのままでいて欲しいと願い、
何が違うんだろう?
と思ったとこに、takezo!さんのブログを読んで理由がわかって納得です。

大手総合ショッピングセンターが
地域の商人文化を破壊しているんですね

日本の文化が消えていくような気がして悲しいです
2009/08/20(木) 12:10:30 | URL | shin #dwygWj32[ 編集]
Re: 同感!!
shinさん

いつも有り難いコメントをいただき感謝です!


> 家内が子供の頃からある電気屋さんや商店が
> 昔の看板のまま営業していました

羨ましい環境ですね。
私の廻り(松戸界隈ですが)では、昔なじみのお店どころか町全体がすっかり変貌しました。
やはりJR松戸駅周辺は吸引力が無くなってしまいました。
幹線道路沿いは全国同じ様な看板と量販店やファミレスが列びます。
子供のころに遊んだ雑木林や田畑なんかも全て宅地になりました。

千葉の中心部もそうですが、木更津とかの駅前も同様で、寂れ様は酷すぎますね。
昔からあった八百屋や魚屋、雑貨屋…フランチャイズでない洋食屋、居酒屋…軒並みシャッターが閉じたままです。

意外と市川や船橋などの道が狭い地域の方が開発がし難いのか、急激な街の変化は少ないように思います。
一つの方向性があるように思います。




2009/08/22(土) 15:21:01 | URL | takezo! #-[ 編集]
難しい・・
ご無沙汰です。
難しい問題ですね。TAKEZOさんの言われるようになると寂しい限り・・・
自治の都市計画を何とかしないといけないと思います。その場所の住民と自治体とで都市の未来像のビジョンにギャップがあるのも一つの要因かと・・
住民は住環境を守りたいでしょうし、自治体は、人口を増やして税収を上げたいでしょうし・・
大型店舗は、まちづくり3法で昔の様にむやみに建設できない状況ですから、規制はされている方向に有ると思います。ですが、都市計画の網掛けで大型店舗が出店できる用途となっていれば、そこに発展させたい意図が感じられますよね。
そもそも、商業地域の隣が住居地域なんて都市計画も有ったりしますから、この辺をマスターPLANなどで、しっかり作りこんで貰いたいものです。
とは言っても、利権がらみで政治家とか有力者が出張って都市計画を変えてしまうとか、地区計画を掛けてしまうとか、いまだにアリアリな訳で、焼け石に水なのかも知れませんが!
2009/08/27(木) 09:59:48 | URL | sin #-[ 編集]
Re: 難しい・・
SINさん

お久しぶりですね♪
貴重なコメント有り難うございます。

> 自治の都市計画を何とかしないといけないと思います。その場所の住民と自治体とで都市の未来像のビジョンにギャップがあるのも一つの要因かと・・
> 住民は住環境を守りたいでしょうし、自治体は、人口を増やして税収を上げたいでしょうし・・

その通りですね!
昨年、所用で会津に行きました。観光ではなかったのですが、時間があって市内をぶらぶらしました。
日曜日昼時なのに、人が疎らで驚きました。広い歩道がある新しい道路がかなり整備されて昔の面影が無く、中心部に行くほど寂れた印象を強く持ちました。
会津城下町の風情はごく一画になってしまったようです。
そして中心から外れた幹線道路に面して大型店舗が建ち並び、どこの地方都市にもある光景をみてやるせない思いを持って帰ってきた次第です。

もう、都市も地方も過大な成長を求める時代は一昔前に終わったと思います。
如何に身の丈のあったまちづくりをするか…人口減少時代に突入した今、住民が主体に検討すべきなのだと思います。
2009/08/27(木) 20:38:25 | URL | takezo! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック