FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
生コンの受入
Nさんの家の基礎工事が始まり、配筋検査を行った後にコンクリートの打設が行われた。
そして、その打設前にコンクリートミキサー車から運ばれてきた生コンクリート(まだ固まらないコンクリート、専門的にはレディーミクストコンクリートと言う。以下生コンと記する)の材料受入検査を行った。

検査項目は、スランプ、空気量、コンクリート温度、塩化物量測定。そして打設日時から4週間経ったときに、設計で求めている圧縮強度があるかどうかを計測するためのテストピースを一緒に作る。





この受入検査は、マンションや事務所ビルなどでは当たり前のように行う。
しかし、戸建て住宅では大手ハウスメーカーでも全て実施しているわけでは無いらしい。
当然のことながら、建売住宅や地場工務店の注文住宅などでも実施しているところはかなり少ないのが現状であろう。

私どもでは、木造住宅の基礎と言っても、現場で直に確認できるこの検査は最低限実施している。
ミキサー車から抜き取る生コンで一番問題になるのがスランプである。
事務所の仕様では、基礎などの部位に15cmを指定している。JISで認められている誤差は±2.5cm。
許容誤差をこえる場合は当然のことながら受入不可となる。
過去に2度ほど、この許容値をこえるスランプの生コンを検査した経験がある。受入中止を指示し、ミキサー車を返して、再度納入させた。その時の現場は、現場監督を始め各職人まで含めて、厳しい視線が私に注がれ、実に場が悪かった記憶があるが…(苦笑)

この生コンは現在ではその多くがJIS認定工場で、配合されたものをミキサー車で運搬し、現場で型枠に流して使い、その後硬化した構造体になる。
JIS認定工場の製造だから問題ないだろうというのが、住宅を供給する側の大概の言い分であろう。
では、大きな建築物などでは何故受入検査を行うのか?

それは、建設現場で生コンを受け入れた時点から、その品質の責任が施工者に移るからである。
だから、JIS認定工場の生コンを購入しても、現場での品質管理が適切でなければ質の良いコンクリート構造体ができない場合が多々ある。
生コン工場は、現場でできたコンクリート構造体の品質については責任を負わない。あくまでも購入、受け入れた施工御者側の責任になる。

事前の計画通り配合された生コンであっても、品質のばらつきもあるし、搬送状況や外気温によっても性能が変化
するのが生コンである。
それだけに、いくらJIS認定工場の建材だからといって、受入時に検査をせずにそのまま型枠に流し込む様な施工を見逃すことができない。
穿った見方をすれば、工場や搬送の途中で加水するチャンスはいくらでもある。
全てのミキサー車分の材料を検査するわけには行かないが、木造住宅の生コン納入は、1回あたりミキサー車3,4台である。だから少なくとも1台目の生コン受入は確実に立ち会うようにしている。

しかしながら、本来は施工業者が責任を持って実施すべき管理業務である。
この品質管理、工事管理について施工業者は、あまりにも無頓着すぎるように感じるのである。

n_con2.jpg

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
圧縮強度
JIS認定工場の生コンを購入しても、生コン工場は、現場でできたコンクリート構造体の品質については責任を負わず、あくまでも購入、受け入れた施工御者側の責任になるのですね。
それでは現場で流し込む前に、品質検査をするのが必要となりますね。

全ては最終的に顧客の為ということです。
職人さん達の仕事の予定だけを気にして検査を手抜きしてしまうのは、本末転倒と言えるかもしれませんね。

色々な仕事に言えると思いますが、個々に真剣勝負して欲しいと思います。


2008/01/22(火) 20:38:04 | URL | chiko #mQop/nM.[ 編集]
規格?基準?
TAKEZOさん こんにちわ!
コン打ちされたんですね!順調な工程で何よりです。
chiko様が寄せられるコメントの様には、なかなか理解頂けない事が多い様です。
そもそも、ワンオフで現場生産して作り上げる仕事ですしね~。生コンもナマって言う位だから生モンなんですよね。
規格取った工場だから何なんだよ!って感じでしょう。
先日、大臣認定を取得した耐火材も試験方法を偽装して認定を取ってるじゃない?
多分、今の日本は、酷く間違ってる方向でしょう。だって最近問題になってるのってモラルが著しく低下した結果だと思いますモン…(ToT)
最近は、デベロッパーも買手もコスト優先で質は二の次ってのが大半でしょ!
売る方は、相手が素人なら見えないところで手を抜いて、儲けようとするし、買手は見映えだけで安けりゃ絶賛!
特に工事中の設計監理の仕事って見え難いですからね。特にコンクリートの試験なんて、施主は?でしょう…泣けるぜ(ToT)
追伸:房総族様
アドバイス有難う御座いました。精進に励みます。因みに会社の同僚は貴族階級で彼女不在の道楽モンなので、お気になさらず。
2008/01/23(水) 09:07:17 | URL | SIN #-[ 編集]
takezo!さん>
15cm ±2.5cm って生コンをバケツを逆さにして、スットバケツを抜いた時の生コンのこんもり具合ですよね。
-2.5cmはダメだと思いますが、+2.5cm以上なら良いように思うのですがNGなのはなぜですかね?(すいませんシロウトなもので)

SINさん>
 同僚さんは貴族階級の方でしたか。。。羨ましい身分ですね。。。
 自転車、たくさん練習してtakezo!さんを焦らせましょう!
2008/01/25(金) 01:22:44 | URL | 房総族 #-[ 編集]
頑張るッス!
房総族様
こんにちわ! TAKEZOさんを焦らせましょう!
と、言っても私はMTBでして、この前、近所の川沿いの道でロードレーサーに乗ったオッさんにチギられました(ToT)
今のところ、チャリンコのポテンシャルを言い訳にしてたりします。
因みにTAKEZOさんの弟子として疑問にコメント致します。
スランプですけど、指定する数値は、目標値となります。ですので数値の前後に許容される数値が見られる事になります。無論、強度等の数値を下回る事は言語道断ですけど。
スランプは指定数値の近似値であれば、性能に大きく影響しませんしね。ただ、柔らかいコンクリートは施工しやすいので、監理者が黙ってると柔らか目のコンクリートを出させる事が多いみたいです。
TAKEZOさんが指定する12cmは固目なので、良い基礎が打てると思います。
因みに建築では18cm、土木だと10cmが一般的です。いかに建築のコンクリートが柔らかいか…
建築は土木の様に単純な形では無いんで土木仕様のコンクリートは打てないんですが、出来れば15cm以下に抑えたいトコです。固いコンクリートは仕上がりも良いので…
2008/01/25(金) 09:00:45 | URL | SIN #-[ 編集]
皆さま!m(_ _)m
chikoさん

>全ては最終的に顧客の為ということです。

その分コストが上がるから、「…本当に顧客の為なのか?」と多くの工事関係者が言うようですが、そこを省いてきたから欠陥住宅が無くならないのです。
徹底した合理化をし、ロープライスで住宅を提供できたとしても、品質について客観的なデータが無ければ、安かろう拙かろうになりかねないと思うのですが…


SINさん

そうそう、生コンクリートは「生」ですから、消費期限があります!
そして、鮮度の良い状態で調理してこそ高品質のコンクリート構造物になります。
その際、外気温や降雨など自然状況に対しても、どれだけ適切に工事管理ができている現場があるか…売れれば良い!と言う発想はもう通りません。


房総族さん

SINさんが解説してくれましたので、私からは多少追記しますね。

生コンは、基本的にセメント、砂利、砂と水からできています。
設計サイドで指定した仕様では、概ねどこの工場でもこれらの材料の配合比率は近いものになります。配合計画によって、スランプや空気量などが決まりますので、水の比率が少なければOKというわけでは無いのです。もちろん硬化する際にも水分が影響しますから、スランプが低ければ良いという簡単なものでもありません。
それだけに受入検査が必要なのだとお考えください。

SINさん、代弁有り難うございます!(^^)
2008/01/25(金) 18:36:10 | URL | takezo! #-[ 編集]
膨張コンクリート
TAKEZOさん 補足説明恐縮です。
コンクリートですが、膨張コンクリートを使った事は有りますか?
昨年に手掛けた配送センターで使ってみましたが、なかなか良好な状態を保っている様です。
JISから外れるので構造体には使用不可ですが、土間等にお勧めします。
初期の収縮には効果有ります。
膨張材を入れる事で強度が心配になってテストピースを多く取って潰しましたが、強度も問題無く発現しましたよ。
2008/01/25(金) 19:18:14 | URL | SIN #-[ 編集]
なるほど。。。
SINさん
takezo!さん

 丁寧に教えて頂きありがとうございました。
 RCの場合も、基礎と同じ性能を要求するんですかね?コンクリートだけでも奥が深いですね。
 そう言えば、讃岐のお店では、手打ちうどんを打つ時の加水率、塩分濃度は、気温や湿度によって変えるそうです。生コンも突き詰めればそんな感じになるんでしょうかね?

 そうそう、SINさん。いまならMTBでもtakezo!さんに勝てるかもしれませんよ。細いタイヤを履けば、間違いなく勝てると思います。ウサギが寝ているうちに頑張りましょう!
2008/01/26(土) 00:29:50 | URL | 房総族 #-[ 編集]
ブッチですね!
房総族様 TAKEZO様
TAKEZOさんをブッチ出来る脚力を付ける為、昨日は近所の山で走ってましたが30分で耳に激痛!
イヤー寒いです。
TAKEZOさん、その内 勝負願います!(トレイルで!)
コンクリートは難しいです。多分、師匠のTAKEZOさんもerror & tryの繰り返しだと思います。
RCは、鉄筋コンクリートの事ですが、基礎と上物の強度で言えば、部位に依る差異は、大きく違いません。
常々TAKEZOさんが述べられてるバランスが重要です。
面白い事に、構造体を局部的に強くした場合、そこに力が集中して効率の悪い構造計画になることも…
RCは万能では無いですから、深く考える設計者と相談するのが一番です。また、それを実現する為に客観的な視点で見れる監理者が必要って事です。
2008/01/28(月) 08:57:59 | URL | SIN #-[ 編集]
手打ちうどん!
房総族さん
SINさん

まさに、手打ちうどんと同じような感じです!セメントに砂利、砂、水そして混和剤…温度や時間、混ぜ方にも影響受けて…手打ちうどん同様難しいですね。(^^;

膨張コンクリートなどのハイレベルな材料は使える状況にありません。ごく一般的な材料でさえ品質を求めるので精一杯です…(^_^)v





2008/01/29(火) 21:28:02 | URL | takezo! #-[ 編集]
チャリネタには乗ってこないですね~
takezo!さん>

ほんとに忙しいみたいですね(疑っているわけではなく・・・・ほんとに=すごく という意味で)

たまには3本でも乗りに来てください。

そういえば、先週、先々週とふくろう公園で子供が一緒に遊ばせて貰ったみたいで、ありがとうございます。最近は私が子供の世話をしていないので、うちの家内は角が生えてます。特に自転車でいないときは、、、、、、
2008/01/30(水) 11:14:52 | URL | 房総族 #-[ 編集]
かなりバテきてます(^^;
房総族さん

当に貧乏ヒマ無し!!(>_<)
仕事始めから、まともに休みにしたのは、たしか13日だけです。その日は交通安全祈願で成田山に行ったので休んだような感じではありませんが…
しばらく休み無しです!

フクロウ公園で?…私はよく知りませんが…
奥方が爆発すると大変ですよ…ほどほどに。(^^)

2008/01/31(木) 20:53:27 | URL | takezo! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック