FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
地盤とレベルの確認
「ちはら台の家」が着工しました。
基礎を作るために、基礎の底の高さまで掘削します。
その高さが設計図通りか、確認しました。


ちはら台の家
これから建てる建物の周囲に遣り方(やりかた)という囲いを設置します。
建物の位置と高さの基準を設定するための仮設です。
この水平に設置された板(貫板、水貫)は、基礎を作る上で基準となるものです。
これの遣り方に間違えがあれば、建物の位置、高さや、基礎を支持する地盤が変わってきます。
工事の最初の大事な作業です。


ちはら台の家
基準のポイントのベンチマークから、レベル測定器を使って、この遣り方の貫板レベルが正しいかをチェックします。
貫板と貫板の間、縦、横方向に水糸という色のついたナイロン糸をピンと張り、
各ポイントで掘削深さが正しい確認します。
今回の貫板レベルは設計GLから+500mmでした。掘削深さは512mmなので、この水平に張られた水糸から1012mm前後であれば合格です。


ちはら台の家
この掘削レベルは根切り底といい、設計通りに水平にした状態を床付と言います。
結果は2個所で20mm弱ほど高かったので、修正を指示して終わりました。



ちはら台の家
床付状況は想定される地盤と合っているかかどうかもチェックします。
堅く締まった砂質地盤との報告を受けていたので、その状況を目視にて確認。
状態の良い山砂で、非常に堅い地盤で一安心できました。


次の工事はこの床付の上に、砕石を敷きます。


by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所

スポンサーサイト