FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
住宅版エコポイント制度~その1
エコガラス

先だって、住宅版エコポイントの説明会に参加してきました。
先月28日に国の21年度の第二次補正予算が成立し、1,000億円の優遇制度が始まります。
この制度の意義や背景など置いておいて…苦笑)、制度利用上の概要をザッと紹介します。

新築の場合…
①対象住宅は、新築の場合で平成21年12月8日~平成22年12月31日までに建築着工したもの。
②エコポイント対象住宅の省エネ性能条件は、ざっくり言って「
次世代省エネルギー規準以上の性能を持った住宅。
③優遇措置は一戸あたり300,000ポイント。
④申請期限は一戸建ては平成23年6月30日まで、マンションで平成23年12月31日まで

リフォームの場合…
①対象住宅は、リフォームでは平成22年1月1日~平成22年12月31日ま工事着手したもの。
②エコポイント対象のリフォーム工事は、A.窓の断熱改修、B.外壁、屋根・天井、床の断熱改修で、これらに併せて、C.バリアフリー改修をした場合は、ポイントを上乗せする。
③優遇措置は、一戸あたり30万ポイントを限度とする。部位毎にポイントを加算。 例えば、外窓の交換(12,000ポイント)5個所+床の断熱改修(50,000ポイント)、手すりの設置(5,000ポイント)3個所。つまり12,000×5+50,000+5,000×3=125,000ポイント
④申請期限平成23年3月31日まで

ポイント交換対象品…
①省エネ・環境配慮に優れた商品
②全国で使える商品券・プリペイドカード
③地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品)
④工事施工者が追加的に実施する工事費用に充当(工事業者代理受給可能)

④は消費者にとって有難いことと思います。つまりエアコンや照明器具、ブラインドなどを追加工事で発注して、その費用をエコポイントにて支払ができると言うことです。
なお、総予算は1,000億円で時限的な制度です。申請期限が残っていても予算が無くなれば打ち切りです。ある意味早い者勝ち。
ただし、新築住宅においては、前途した次世代省エネ基準以上の性能を持った家が対象であって、それ以外の家はポイントがつきません。購入時や工事契約時には必ず確認ください。

次回は、この住宅版エコポイント制度の注意点などをお話しします。

 
ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp

スポンサーサイト