FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
空き地を開放して!



この間の休日に子供と家の前の公園に遊びに出た。
素晴らしい五月晴れの日で、先に何組かの親子連れが遊んでいた。

その脇で小学校4、5年生の少年とその父親の二人でバッティング練習していた。
父親がボールを投げ、子供が金属バットで打っている…
私は、後から公園に来たので、少し遠慮して子供の相手をしていた。
その金属バットを持った少年は平然とフリーに打ち続け、バッティングピッチャーの父親は投げては、少年が打ったボールを拾いに公園内を走る…

しばらくして、私の側にボールが飛んできたので、拾って返球すると、その父親は「すいません」と言ってキャッチし少し頭を下げた。
私は「ちょっと恐いのでもう少し遠慮して欲しいのですが」と継げると、その人は平然と「でもゴムボールですよ!」と言う。私はムッとして「でも軟式のC球でしょう」と強い語気で返してしまった。その父親はバツが悪そうに、少年の側に行き、今のやり取りを説明したようで、少年は残念そうに父親に促されて帰っていった…。
私は何だか気の毒に感じたと共に哀しくなった。

私も野球が大好きで、今でも二つの草野球チームに所属している。
試合は球場などでできるが、なかなか練習する場所を確保するのが難しい。(ただ最近は忙しさを理由にあまり練習していないが…苦笑)
だから草野球する少年達が公園で野球する気持ちが良く分かる。野球が好きな全ての人が、学校や地域のクラブチームに属しているわけではないから…。
私が子供の頃は5,6人集まれば空き地でよく野球をした。でも、今の時代はキャッチボールでさえする場所がない住環境もあり、なかなかバットを振ってボールを打つ機会が無い。
最近の子供たちに野球よりもサッカーに人気があることは、気軽にできないスポーツという要因も大きく影響しているのであろう。

だから、私は官庁や企業の遊休地を管理している責任者の方にお願いしたい。

危険の無い空き地であれば、もっと子供たちに解放して欲しい。児童公園の端で肩身の狭い思いを感じながらキャッチボールしている少年達を見てそう思った。
スポンサーサイト