FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
三信ビルの最後に…


昨日、閉鎖間際の三信ビルに漸く行くことができた。
午前中の打合わせが突然延期になり、時間を作ることができたので、プレゼン材料の買い足しの口実も作り、急遽日比谷まで車で出掛けた。

三信ビルには11時半頃着き、ちょっと早いが唯一テナントして残っていたニューワールドサービルで昼飯を食べるためにアーケードに入る。
思った以上に多くのお客が早くから詰めかけ、店内は満席で10人くらいが店の前で列んでいる。ここまで来て時間を気にしても仕方ないので、57年の歴史を味わいながらランチを食べるために列ぶことにした。
しばらくして、友人Fさんから携帯にメールが入り、外回り中で昼飯ついでに三信ビルに行くとの知らせ…久しぶりの再開が三信ビルで一緒に昼食という偶然に驚いたと同時に、ここにも物好きがいたと嬉しくも感じた。(笑)

sanshin15.jpg

三信ビルは、日比谷公園側から仮設シートが順次掛けられ、いよいよその時が間近であることを否応なく意識させる。

私は、日比谷通りのスカイラインが学生の頃から好きだった。
通り沿いに水平のラインが綺麗に揃っていて、反対側は皇居であり、日比谷公園で、その対比を美しく感じた。これが日本の中心の都市景観だと誇らしくもあった。
しかし、今となっては、この水平ラインを大きく突き抜けて超高層ビルがどんどん増殖し、美しいスカイラインは消滅したと言っていい状況である。
経済的な事情は重々理解できるが、何とも遣り切れないない気持ちである。 そして、今回の三井住友銀行本店と三信ビルの再開発である。日比谷も有楽町も銀座もものすごい早さで街並みを変えていく…。丸の内は様変わりしてしまった…。

sanshin12.jpg


sanshin14.jpg

今となっては、三信ビルの保存再生は、所有者である三井不動産の英断を祈るしかない状況に変わりない。
三井住友銀行本店と三信ビルの総合的な再開発が主目的で、それを達成するための緩和条件として外観の一部などを保存する…そんな中途半端な手法を使うことだけはやめてもらいたい。

この三信ビルの他にはない独特な雰囲気を持った素晴らしいアーケードを残すことができなければ意味がない。
78年の歴史を人々の胸に刻み込み、潔く解体してしまうのも日本的かもしれない。
…見頃になった桜を合わせながらそんなことを想った。

sanshin16.jpg


スポンサーサイト